MASVでGoogle Cloudにアップロード

概要

のGoogle Cloud Storage(GCS)の実装は、以下の通りです。 MASVポータル オートメーションは、既存の S3 · Backblaze B2 の統合と同様の構成が必要である。MASVがGCSバケットにアクセスするための認証情報を作成し、その詳細をPortal Automationの設定に入力するだけでよいのです。を活用している。 サービスアカウント そのためには、Google Cloud Platform(GCP)のエンティティを利用する必要があります。

 

サービスアカウントの作成

Google Cloud Storage(GCS)バケットに接続してファイルを転送する際に使用するMASVのサービスアカウントを作成します。MASVポータルからGCSバケットへのアップロードを転送するために、このアカウントのアクセスを特定のバケットに制限することができます。新しいサービスアカウントを作成するには、次の手順に従います。

  • を開きます。 サービスアカウント のページをGoogle Cloud Consoleで開きます。
  • クリック プロジェクトの選択をクリックし、プロジェクトを選択して、「開く」をクリックします。
  • クリック サービスアカウントの作成
イメージ1
  • サービスアカウント名(フレンドリーな表示名)、オプションの説明を入力して 保存.
イメージ3
  • ここでは役割を空白にしておき、このアカウントの特定の権限を後で添付することができます。もし、あなたが Storage Object Adminはこちらこのアカウントは、すべてのバケットへの完全なアクセス権を持つことになります。
イメージ4
  • キーを作成し、JSON形式でダウンロードします。
イメージ2

バケットの作成

既存のバケットを使用しても、新しいバケットを作成しても構いません。MASVは、あなたのポータルにアップロードされたすべてのパッケージを、以下の名前のディレクトリに書き込みます。 ポータルダウンロード//<パッケージ名

新しいバケットを作るには

  • を開きます。 クラウドストレージ のブラウザを使って、Google Cloud Consoleにアクセスします。
  • クリック バケットの作成 をクリックすると、バケット作成フォームが表示されます。
イメージセブン

バケット情報を入力して 続ける をクリックすると、各ステップが完了します。

  • バケット名の要件を満たす名前を指定します。
  • バケットのデフォルトストレージクラスを選択します。このデフォルトのストレージクラスは、このバケツにアップロードされたすべてのオブジェクトにデフォルトで割り当てられます。次に 所在地 バケットのデータが永久に保存される場所。
  • を選択します。 アクセスコントロール モデルを使用して、バケットのオブジェクトへのアクセスをどのように制御するかを決定します。
  • オプションとして、バケットラベルの追加、リテンションポリシーの設定、暗号化方法の選択が可能です。

 

バケットへのアクセスを許可する

上記で作成したサービスアカウントが、バケットに対して適切なアクセス権を持っていることを確認する必要があります。MASVでは、Bucket内のオブジェクトを読み書きするためのアクセスが必要となります。 ポータルダウンロード/<ポータル名 フォルダを作成し、既存のパッケージの名前が衝突しないようにしてください(例えば、ポータルにアップロードされた2つの異なるファイルが「My Files」と呼ばれていた場合、GCSではそれらが別々に表示されるようにする必要があります)。リソースの管理やバケット自体へのアクセスは必要ありません。

  • を開きます。 クラウドストレージ のブラウザで、MASVに使わせたいバケットを探し、その名前をクリックします。
イメージ5
  • 次のページでは パーミッションです。
  • を探してください。 サービスアカウント を展開し、先ほど作成した 役割 のリストを作成します。
  • セレクト ストレージオブジェクトの管理 - これは、このバケットのオブジェクトの読み書きを許可するものです。
イメージ6
  • クリック 保存します。

これで、MASV でポータル・オートメーションを設定する準備が整いました。上記で作成したサービス・アカウントのJSONクレデンシャル・ファイルが必要になります。

 

 

GCSバケットのMASVポータルへの接続

ポータル編集ページ」で、下にスクロールして クラウドへの配信 セクションをクリックし コネクト にしています。 Google Cloud Storage カードを使用しています。

 

GCS+Portal

ポップアップでは、アップロードした サービスアカウントキー 上記の手順で作成したJSONファイルに、バケット名を記入してください。をクリックします。 コネクト をクリックすると、あなたの統合が有効になります。

 

GCS+Connect+カード

いつも通り、お気軽にご連絡ください。 [email protected] をご覧ください。

MASVを無料でお試しいただけます。

7日間のトライアルを開始すると、今すぐ100GBを無料で送信できます。