MASVで大容量ファイルをMicrosoft OneDriveに送信

MASVのOneDrive連携で、ファイルをOneDriveアカウントに直接送信することで、時間を節約できます。

 

MASVからファイルをダウンロードして、クラウドストレージに再アップロードする必要はもうありません。MASVのダウンロードページにアクセスし、「保存先...」を選択するだけで、大容量のファイルを直接OneDriveに送ることができます。

大容量ファイルをOneDrievに送る

OneDriveへのファイル送信に必要なすべての情報

私のファイルはどこにあるの?

OneDriveにファイルを保存すると、OneDriveアカウントのホームディレクトリに「MASV」というフォルダが作成されます(メニューの「マイファイル」ページで確認できます)。MASV」の中にパッケージ名のサブフォルダが作成され、ファイルは元のファイル構造を保ったままそこに保存されます。

OneDriveへのファイル保存
ファイル転送中は、ダウンロードページに留まらなければならないのですか?

いいえ、ダウンロードページから離れても構いません。 ファイル転送 をバックグラウンドで実行することができます。ただし、進捗状況の確認や問題発生時の通知はできませんので、ご注意ください。

Office365に加入する必要がありますか?

Office365への加入は必須ではありませんが、5GB以上のストレージを使用する場合は、OneDriveプランまたはMicrosoft365/Office365プランが必要となります。

パーソナルとビジネスの両方のMicrosoft 365アカウントに対応していますか?

パーソナルとビジネスの両方のMicrosoftアカウントに対応しています。

OneDriveへの転送は、MASVのダウンロード制限の対象になりますか?制限に達した場合、ロックアウトされますか?

はい、OneDriveへの転送は、ファイルをローカルストレージにダウンロードする場合と同じようにカウントされます。ダウンロード制限に達すると、ブラウザやOneDriveへの新たなダウンロードができなくなります。

ファイルサイズの制限はありますか?

OneDriveでは、個々のファイルのサイズを250GBに制限しています。

ストレージの制限はありますか?

ストレージの制限は、お使いのOneDriveプランによって異なります。無料アカウントでは、最大5GBのストレージを利用できます。有料プランのPersonalとFamilyは、1人あたり最大1TBのストレージを利用できます。

ビジネスアカウントのストレージ制限は異なりますので、ご相談ください。 マイクロソフトの365プラン をご覧ください。

セキュリティ警告が表示されました。これは何ですか?

OneDriveのセキュリティ設定によっては、MASVアカウントが接続されたことを通知するメッセージが表示される場合があります。

このメッセージは、アプリケーションにアカウントへのアクセスを許可したときに表示される標準的なメッセージです。

OneDriveへのファイルの自動アップロード

MASVポータルは、OneDriveへのファイルのアップロード方法を簡素化し、クラウドストレージにファイルを自動的に送信することで時間を節約します。今すぐOneDriveアカウントをMASVポータルに接続すると、以下のような利点があります。

  • OneDriveにファイルをアップロードする最速の方法
  • OneDriveアカウントへのアクセスを共有することなく、外部のコントリビューターからファイルやフォルダを安全に受信することができます。ポータルにパスワード保護を追加して、セキュリティを強化できます。
  • 任意のサイズのファイルやフォルダのアップロード
  • 世界中の誰からでも、簡単にファイルを受け取れる方法です。リンクを送るだけで、あなたの カスタムブランドMASVポータル を寄稿しています。
OneDriveにファイルをアップロードする

大容量ファイルをMicrosoft OneDriveに送る

Built On Your Feedback ❤️(あなたのフィードバックで作られた

MASVをより実りあるものにするためにご協力ください。 何かご意見がありましたら、ぜひお寄せください。 お願い 連絡先.

他の方法をチェックする MASVは、あなたが愛用しているツールやサービスと連携しています。.