ハリウッドで最も需要のあるフォトレタッチャーに聞いてみた

by Jim Donnelly|2022年01月28日

フォトレタッチャーNick Leadlayのヘッドショット

ニック・リードレイ は、ロサンゼルスを拠点とするファッション、エンターテインメント、広告のフォトレタッチャーで、Vogue USA、Vanity Fair、Elle USA、Canon、Comcast、ESPNなど、あらゆる雑誌や需要のあるブランドと仕事をしています。

MASVでは、ニックにインタビューを行い、最終的なプレゼンテーションのために画像を洗練させ、微調整することが好きな理由、ワークフロー、お気に入りのツール、そしてそもそもどのようにしてプロのレタッチゲームに参加したのかについて、詳しい話を聞きました。

このビジネスを始めたきっかけは何ですか?

私はもともと写真に興味がありました。子供の頃の楽しみは、靴箱に入った古い写真を整理することで、今の私の仕事の初期バージョンのようなものでした。父がいいカメラを持っていたので、それを使って遊んでいました。

90年代にインターネットやコンピュータ、デジタル画像が爆発的に普及したとき、私はいくつかのことを学びました。 フォトショップ とビデオ編集をしていました。私の兄はPhotoshopの初期バージョンを持っていて、コンピュータに向かって「お前の写真に何かしたぞ」と言ったのを覚えています。私の脳は爆発しました。驚きの連続でした。まだデジタルカメラが登場する前のことです。彼はその写真のハードコピーをスキャンしたのだと思います。

また、大学ではPhotoshopの実習も行いました。しかし、2010年にサッカーで足首を痛めてしまったんです。ソファに座っていた私は、写真のビデオやPhotoshopのチュートリアルを見始めました。そして、その世界に夢中になってしまいました。

最終的には、無料で人の写真をレタッチするようになりました。その後、少しずつお金をもらうようになり、少しずつポートフォリオを作っていきました。そしていつの間にか、他の人の写真をレタッチしてお金を稼ぐようになっていたんです。私は「クレイジーだ」と思いました。これはクールだ。好きだったんだよね。楽しかったんです。そして1年かそこらで、私は写真のレタッチャーとしてすべてのお金を稼ぎ、撮影ではお金を稼がないようになりました。

フォトレタッチャーのロバート・デニーロ

その他のニックの作品を見る ポートフォリオ

しかし、私は写真の分野で2つの仕事をしていることを指摘しておかなければなりません。もう1つの仕事は、どちらかというと撮影現場でのデジタル技術者としての役割です。カメラが私のコンピュータに接続され、撮影された写真が私のコンピュータに入ってくるという意味で、私はフォトグラファーの目と耳となるわけです。カメラマンが撮影した写真が私のコンピュータに入ってくるので、その画像を管理したり、カメラマンが撮影しているときにフォーカスをチェックしたり、ファイルをバックアップしたり、クライアントのためにドライブを用意したりします。ほとんどがデータ管理の仕事ですが、視覚的なチェックもあります。

続きを読む デジタルイメージングテクニシャン(DIT)。撮影現場の知られざるヒーローたち

フォトレタッチャーとは何ですか?

私は、シャープなエッジを取り除き、写真の被写体を助けるようなものだと考えています。しかし、一番難しいのは、それを実行することです。上手にレタッチされた写真は、レタッチされたようには見えません。私が入って、やって、出てきたということがわからないのです。かつてのピクセル忍者のように、入って、修正して、出て、誰にも気づかれない。それが、私にとっては良いタッチなのです。

特に今は、デジタルカメラから出力される写真はすべてRAWなので、レタッチが必要です。意図的にニュートラルな状態にしておくことで、ポストプロダクションで何かを施し、好きな場所に持っていくことができるのです。昔のように、使っているフィルムで表情が決まっていた時代とは違います。今は意図的にRAWにして、好きな方向に持っていけるようにしています。

フォトレタッチャーの仕事の大部分は、カラールック、コントラスト、カラーグレードの作成です。さらにその先にあるのは、人の顔色やその他のディテールをきれいにすることです。

Nick Leadlay'のレタッチ作品をコラージュしたものです。

あなたのレタッチのスタイルと他の人との違いを教えてください。

レタッチは、メディアではネガティブなイメージを持たれることがありますが、それは当然のことで、ある時点で行き過ぎた行為だったからです。

私は、過度にレタッチされたものがあまり好きではありませんでした。もっと自然な感じに惹かれていました。10年前、特にファッションの世界では、過剰に加工されたプラスチックのような肌が主流でしたからね。私はそれが好きではありませんでした。私はそれが好きではなく、より自然な外観を目指しました。今では、トレンドが過剰なレタッチから、より自然なルックへと変化しているため、私はこの方法で多くの仕事を得ることができました。

今では、昨年に行ったキャンペーンで、文字通り「肌に触れないでください。と言われるほどになりました。

フォトレタッチャーになるには?

その答えは明確にはわかりません。もちろん、大学やカレッジでPhotoshopを使った授業はありますが、2年制のプログラムなどの意味での正式な教育を私は知りません。もしかしたらあるかもしれません。でも、私が知っている限りではありません。

それ以外にも、オンラインのチュートリアルが山ほどあります。一番良い方法は、ビデオシリーズを持っている人から学ぶことだと思います。私の友人には、次のような人がいます。 Pratik Naikその中には、本当に優秀なフォトレタッチャーがビデオベースの教育を行っていて、彼らはそれに夢中になっています。しかし、誰が教えているのかをよく確認してください。世の中には、資格を持たずに教えている人がたくさんいます。

フォトレタッチャーコースのコラージュが可能

を通じて利用できるコース。 肖像画家たち

レタッチを専門にする人は一般的なのでしょうか?

他のレタッチャーを知っているのは、一緒に仕事をしたり、ソーシャルメディアで知り合ったりした一握りの人だけです。でもそれ以外は、あまり話題にならないようなアンダーグラウンドな存在です。1万人いるかと思えば、5人いるかどうかもわからない。

それは、レタッチの性質上、仕方のないことです。私の存在を証明するのは難しい。私は入ってきて、掃除をして、何のクレジットもなしに出て行く男です。私の名前がクレジットされているものを見たことがないでしょう。

注意してください。 多くの個人のフリーランサーが、フォトレタッチャーのサービスをオンデマンドで提供しています。 アップワーク そして Fiverr.

どのようなクライアントがフォトレタッチャーを雇うことが多いですか?

プロとして仕事を始めたとき、最初は主にファッション関係の仕事をしていました。つまり、美容関係の仕事と、ファッション雑誌の表紙やフォトシリーズなどのファッション・エディトリアルの仕事をしていました。

最初の5年間は、ほとんどその世界にいたので、かなりの作品集を作ることができました。その後、コマーシャルの世界に入り、航空会社や銀行などの大企業の広告など、より大きなコマーシャルの仕事をするようになりました。

その後すぐに、俳優や女優のエディトリアルの仕事など、エンターテインメントの世界に入りました。そして、映画のポスターやテレビ番組、さらには広告の仕事など、今の私の多くの仕事につながっています。多くの写真は、それほどエキサイティングではないため、共有されることはありません。写真の大きな特徴は、人々はクールなものを共有しますが、彼らの撮影の90%はつまらないものなので、知られていません。誰にも言わないでね。[笑]

ここ2、3年は、車のレタッチや車の撮影をすることが多くなりましたが、それは単に好きだからです。これは単に、もう一つの収入源だからです。10年以上もファッションやスキンの仕事をしてきて、少し燃え尽きていたのですが、別の空間でプロジェクトをするのはいいことです。車には肌がないし、服も着ていない、まさに別世界です。

青い車をレタッチした写真

フォトレタッチは、プロダクション全体のワークフロー(プリ、プリンシパル、ポスト)の中でどのような位置づけになるのでしょうか?

10年以上もやっていると、90%はプロセスの最後の方になってしまうんです。ここ2、3年は、より大きな商業的な仕事に携わるようになって、少しずつ変わってきました。

しかし、小さな仕事の多くは、クライアントの多くが私の友人であり、一緒に仕事をしている写真家であったり、友人になっていたりするので、驚くほどカジュアルなものなのです。契約書はあまりありません。とてもリラックスしています。そういう意味では、「最後の最後」という感じですね。誰かが私に電話をかけてきて、「このクライアントを撮影したんだけど、その日は天気が悪かったから、君はできるかい?やってくれないか?

でも、大きな広告の場合は、撮影前にプリプロダクション・コールに呼ばれるなど、ゆるやかに関わることも珍しくありません。いつもそうなのですが、私は飛び入りで参加して、1時間ほど座って何も言わずに帰ってしまいます。私はそこで何をしているのだろう」という感じです。もしかしたら、1つの質問があるかもしれません。

プリ側での私の関与はその程度です。しかし、伝統的にはワークフローの最後にあり、私はワークフローの最後の人間と言っても過言ではありません。

仕事では誰と話すことが多いですか?

大きな作品では、間違いなくプロデューサーがいます。2人のプロデューサーのどちらか、もしくは両方です。スタッフの雇用を担当する現地のプロデューサーと、撮影をオーガナイズする代理店のプロデューサーです。大きな仕事では、現地のプロデューサーと代理店側のプロデューサーの両方とつながることが多いですね。

カメラマンも時には介入してくるでしょう。しかし、カメラマンは撮影を終えて、「楽しんできてください」と言って去ってしまうこともあります。

仕事に必要な道具は何ですか?

私はMacの世界に住んでいます。ほとんどがMacとApple製品で、クリエイティブな仕事をしている人にとっては驚きのないことだと思います。また、使用しているのは ワコム のタブレットです。

さらに詳しく Wacom Intuos ProユーザーのためのMASV限定特典

ソフトウェアに関しては、とてもシンプルです。ワークフローの最後にPhotoshopがあり、オンセットとオフセットの両方で第一波の管理と編集の準備をするとなると、それは キャプチャーワン・プロ.これは、ファイルを処理したり整理したりする機能を備えたもので、多くの人はこれを、よりプロフェッショナルな Adobe Lightroom.これは、私のもう一つの仕事であるデジタル技術の仕事の業界標準です。これが最初のステップですね。そして、Capture One Proでレタッチしたい画像を選び、Photoshopに渡します。

ファイル転送に関しては、昔はハードドライブを使ったものが多かった。今では、ほとんどの人が何らかのファイル転送ソフトを使っていますが、仕事の種類にもよりますよね。8~10枚程度のシンプルなポートレートであれば、DropboxやWeTransferを使うのが簡単です。

しかし、背景に人やその他のものがいるような複雑で重い仕事の場合は、すべてのファイルにアクセスする必要があります。時には、気に入らない背景を「買い物」することもあります。でも、セレクトされたものだけが送られてきたのでは、背景のものを入れ替えるための材料がありません。そのような場合、最近はハードディスクを送ってくる人が少なくなったので、ギャラリー全体のJPEGファイルへのリンクを送ってもらいます。それを見て、必要な要素を探して、それをお願いします。

でも、理想的な世界では、そんなことをしなくても済むようになれば美しいですよね。もし、すべてのRAWへのリンクを一箇所にまとめて送ってくれて、私がアクセスできるようにしてくれれば、私のメールを見てもらうのを待つ必要もないし、その他もろもろ。なぜなら、その時点で1日を失っているからです。

MASVポータルで、ファイルを一箇所に集めよう

1つのポータル共有リンクで複数の相手からファイルを集めることができます。

プリント側の仕事は多いですか?

はい、その通りです。そのような場合は、レタッチする10枚またはそれ以上の枚数のRAWファイルと、画像に指示を書いたメモのPDFを送ってくれます。つまり、バナナの猫のおもちゃをレタッチしなければならないのです。クライアントは、黄色いバナナに丸をつけたり、窓が少し白飛びしていたら暗くしてほしいと言ったりするかもしれません。10枚の写真に手書きのメモを添えて、すべてPDFに書き込んでいきます。

そうすると、私はその中に入ってすべての作業を行い、フルレゾリューションのJPEGでエクスポートします。彼らに見てもらい、さらにフィードバックを送ってもらいますが、それが2〜3回を超えることはほとんどありません。その後、高解像度のTIFFにエクスポートします。

もうひとつの役割として、撮影現場でのデジタル技術者としてのお話がありましたね。それらのワークフローを説明していただけますか?

私のデジタル技術の仕事には、フォトレタッチャーとしての経験はあまり生かされていませんが、たまに撮影現場でモックアップを作ることがあります。しかし、それ以外には、私の目とポストプロダクションの知識以外にはあまりありません。これはフォトグラファーにとっては、後のレタッチ段階で何が必要かを知るという意味で、大きなプラスになります。こうすれば最終的に楽になりますよ」などと言える。それがカメラマンが私に依頼する大きな理由だと思います。早い段階で適切な判断をすれば、コストを大幅に削減することができます。

デジタル技術者である私は、基本的にフォトグラファーの目と耳を担当しています。撮影現場では、フォトグラファーのスクリーンに画像が表示されないことが多く、そのままコンピューターに送られ、私のモニターに表示されます。ライティングとフォーカスが決まれば、ほとんどのフォトグラファーは画像を確認せずに撮影します。ピントが合っていなかったり、水平線が曲がっていたりしたら、私が「やめなさい」と言うのが普通です。

そうすることで、フォトグラファーは創造性とタレントとの対話に完全に集中することができます。ほとんどのフォトグラファーは、タレントが精神的にチェックアウトするまでの時間が限られているため、インタラクションに100%集中します。

それが主な役割です。それ以外は、すべての作業がうまくいっているか、写真がきれいに撮れているかを確認するだけです。通常、フォトグラファーと私は、テストの初期段階でカラーグレーディングを行います。タレントが到着する前に色を調整し、Capture Oneが送られてきた各フレームにその色を適用します。

それ以外にも、カメラの組み立ても担当しています。全てを組み立て、レンズをチェックし、全てを洗浄し、側面が良いかどうかを確認します。さらに、ケーブルとの接続を維持します。ケーブルは死ぬし、コンピュータはクラッシュしますからね。技術ですからね。技術の世界ですから、いろいろなことが起こりますから、すぐにトラブルシューティングできなければなりません。

もちろんCovidでは、クライアントが撮影現場に飛んでくることはなくなりましたし、スタッフの中には遠隔地にいる人もいますから、全員にモニターを設置してZoomコールに参加してもらう必要があります。また、オプラの家を撮影しているので、オプラにはWiFiがないため、リモートで画面共有をしています。畑と納屋の真ん中で、巨大なアンテナを備えたLTEホットスポットモデムをセットアップする必要があるのです。それがなぜか私に降りかかってくるのです。Covidはそういう意味では目からウロコでしたが、私は学ぶことが好きなので、とても良かったです。私は文字通り、自分のツールボックスに「ネットワーク技術」を加えました。

フォトレタッチャー分野

クリエイティブなインスピレーションはどこから得ていますか?

おかしな話ですが、完全にプラグを抜いて、作業内容をまったく気にしないでいられたら、もっと仕事ができるはずなんです。でも、私にはそれができません。嫌な仕事をするのは本当に苦手で、たいていは断ってしまうほどです。あるいは下請けに出すかもしれません。

もちろん、私のキャリアの初期はそうではありませんでしたが、当時は何でもやりました。しかし、キャリアを積んでいくと、その必要性がなくなり、より選択的になるのです。私の場合、現時点では非常に厳選されています。その仕事が好きでなければなりません。もし、全く気に入らず、良い写真ではないと思ったら、私はその作品にとても苦労します。

しかし、レタッチと撮影現場でのデジタル技術という2つのキャリアを持つことで、お互いに助け合うことができるのがいいところです。私はもともと内向的な性格なので、レタッチは一人で座ってできる仕事なので、それには最適です。しかし、私は社交的な内向的な性格でもあります。1週間も家でじっとしていると、外に出て誰かと一緒にいたいと思うようになります。だから、撮影現場で友達と冗談を言い合えるのは素晴らしいことだと思います。

クラウド技術や優れたモバイルカメラによって、この役割はどのように進化すると思いますか?

まずは携帯電話の方に触れておきます。特にロサンゼルスでの生活。私はこの言葉を言いたくはありませんが、誰もがそれが来ることを知っています。 インフルエンサー.それが現実なんです。私たちは毎日ロサンゼルスを歩いています。ちょっとした散歩をしていると、誰かが何かバカなことをしていて、その友人がそれを撮影している。どこにでもあるでしょう?それが現実なんです。

大規模なキャンペーンでは、インスタグラム用に撮影しなければなりません。なぜなら、このインフルエンサーはこれをどこにでも投稿するからです。時には1万5千台のカメラを持ったプロのカメラマンが、カメラを置いてiPhoneを持って撮影しなければならないこともあるほどです。これは驚くべきことですが、実際に起こっていることなのです。

だから、携帯電話での撮影は避けられないし、その分、レタッチもしなければならない。低解像度、低品質のカメラの方がレタッチしやすいと思われるかもしれませんが、実際にはほとんど難しいのです。なぜなら、プロレベルのものは、よりコントロールできるからです。

クラウドの影響という点では、私が起業したときには明らかに大きなハードルがありました。インターネットでファイルを転送する際には、時間がかかりすぎてしまうため、転送のタイミングをきちんと計画しなければならなかったことを覚えています。クライアントが6時までにファイルを必要としていれば、10時頃までに転送を開始しなければ間に合いませんでした。

続きを読む アップロード速度よりも「ターンアラウンドタイム」が重要な理由

また、先ほどお話したPDFノートを思い出すと、その機能が統合されたクラウド・ソフトウェアも増えてきています。ある仕事では、ログインするだけで、すべての画像とすべてのメモをクラウド上に置くことができます。大規模なクライアントの中には、多くの撮影を行うために、そのための独自のバックエンドを構築しているところもあります。

フォトレタッチャーとしての生活を紹介してくれたNick Leadlay氏に感謝します。ニックの情報は、彼の インスタグラムページ.

高解像度の画像は、カメラマンのデータ量を一気に増やします。被写体のすべてのフレームやアングルを撮影するためにシャッターを切ることは珍しくありません。そうすると、画像はどんどん増えていき、転送するデータ量は数百ギガバイトにもなります。

写真家とそのクライアントがMASVを 最大5TBの重いファイルパッケージを一度に送信することができます。撮影現場では、この高速転送を利用して、クライアントの承認を得るためにファイルを送ることができます。また、フォトレタッチャーのようにファイルを待っている人は、独自の MASVポータル と、1つの共有リンクで画像を収集することができます。

サインアップ 今すぐMASVをご利用いただくと、100GBを無料で転送できます。

クリエイティブワークフローのためのファイル転送

高速大容量ファイル転送サービス「MASV」で、100GBをご利用いただけます。

[クラス^="wpforms-"]。
[クラス^="wpforms-"]。