エンタープライズ・グレードの安全なファイル転送

MASVは、ISO27001認証とTPN認証を取得した安全なファイル転送サービスで、大容量ファイルを驚異的なスピードで配信することにおいて世界のメディア企業から信頼を得ています。

ITサポートなしで、数秒でサインアップできます。

大手メディア企業との信頼関係

PBSロゴ
Jellysmackロゴ

コンプライアンス&規格認定

MASVは以下の認証を取得しています。 ISO 27001は、カスタマーエクセレンス、デジタルセキュリティ、ビジネスプロセスに基づき、広く認知され、国際的に受け入れられている情報セキュリティ基準です。

  • 認定クライアント MASV Inc.
  • マネジメントシステムの種類 情報セキュリティマネジメントシステム
  • 適用規格 ISO/IEC 27001:2013
  • 認証機関 プリシエント・セキュリティ

ISO27001認証バッジ

MASVは、第三機関による厳格な評価を受け、 TPN (Trusted Partner Network)と呼ばれる、エンターテインメント業界における第三者監査のリーダーであるMotion Picture Association(MPA)が所有・運営する規格に認証されています。

Trusted Partner Networkは、企業がコンテンツを公開する前の漏洩や侵害、またはハッキングを防止するため、映画やテレビのコンテンツ保護に関する世界的な取り組みを実施しています。

TPN

MASVは、次のコンプライアンスを遵守しています: 一般データ保護規則(GDPR).

EU規則2016/679、通称GDPR(一般データ保護規則)は、すべての欧州連合(EU)加盟国および居住者の強力なデータ保護のための代表的な規則です。GDPRは、個人を特定できる情報(PII)のEU圏外への輸出も規制しています。

MASVのGDPR対応について詳しくはこちら

GDPR

MASVは、カナダの企業として次のコンプライアンスを遵守しています: 個人情報保護および電子文書に関する法律(PIPEDA).

お客様の個人情報は、お客様の同意なしにいかなる目的にも使用されることはありません。MASVが個人情報をどのように使用するかについては、プライバシーポリシーに記載されています。

個人情報保護方針を読む

ピペダ葉

MASVはSOC2認証を近日取得予定です。

安全なファイル転送が必要ですか?

あなたもMASVでセキュアなファイル転送を行う数千の映像チームの一員に参加しましょう。

もっと詳しく知りたい方はこちら

トラストセンターをご覧ください。

MASVのデータ転送保護対策

機密性の高い大切なファイルをインターネット上で移動させる場合、プライバシーとコンテンツ保護対策を徹底している安全なファイル転送サービスが必要です。MASVがどのようにデータを安全に転送しているか、以下をご覧ください。

共有ファイルの暗号化

MASVで行われるファイル転送はすべて、転送中はTLS 1.2で、静止中はAES-256で暗号化されています。 

管理者向けアラート

MASVのスーパー管理者のログイン試行はすべて記録され、2FA、暗号化キー、またはトークン・ベースの認証が必要となります。

マルウェアスキャン

ブラウザやデスクトップからMASVにアップロードされたファイルは、マルウェアやウィルスのスキャンが行われます。

脆弱性管理

MASVは、脆弱性を積極的に特定し、評価し、是正し、報告します。

パスワード保護

すべての転送はパスワード保護することができます。MASVポータルより、アップロードとダウンロードのパスワードを追加することで、セキュリテイを強化します。

ファイル配送トラッキング

MASVでファイルを送信すると、受信者はダウンロードを開始したときに通知を受けます。

プレミアム・セキュリティ

MASVは、オンプレミスおよびクラウドベースのプレミアムセキュリティプロトコルを特徴とするAWSプラットフォームで運用されています。

アクセス制御

転送は、デフォルトで3回のダウンロードと、7日間の保存期間制限が設けられており、以後システムから削除されます。これらの制限は、いつでも手動で延長できます。

MASVのセキュリティ手法

私たちは、安全なファイル転送を実現させるためのセキュリテイ強化に限度はないと考え、MASVをレイヤーセキュリティのアプローチで構築しました。その意味するところは以下の通りです。

レイヤーゼロ:従業員のセキュリティ教育

フィッシングやパスワードの乗っ取りなどのセキュリティ問題に対する、全社員を対象にしたセキュリティ教育が第一段階です。

新入社員は全員、サイバーセキュリティのトレーニングプログラムを受けるとともに、長くて複雑なパスワードを生成する自動パスワードマネージャーを使用する必要があります。

レイヤー1:顧客データの保護

次のレイヤーは、私たちの製品が安全で確実なものであることを保証します。

  • 全コードのスキャン を使用して、依存関係が脆弱でないことを確認します。
  • すべてのコード変更とマージ要求に対して、少なくとも2つの承認を要求します。
  • セキュリティレビューにより、変更によって意図しない依存関係や脆弱性が生じないことを確認します。 

さらに、誰かがクラウドインフラにアクセスすると、管理者全員が自動でアラートを受け取ります(管理者同士であっても)。つまり、システムで何が起こっているのか、誰が何をしているのか、ユーザー別の全システム活動の詳細な監査ログを含め、常に最新の情報を入手することができるのです。

レイヤー2:悪質な行為からお客様を守る

私たちは、基本的なパスワードの再利用など、安全でないセキュリティ対策が講じられることのないよう、お客様を保護するためのサポートを心がけています。

MASVでは、大文字と小文字を含む12文字のパスワードを使用する必要があり、多くのウェブブラウザで一般的になっているパスワードジェネレータを活用することを推奨しています。

レイヤー3:サーティフィケーションと検証

最後に、第三者による監査と認定を通じて、当社のセキュリティ体制を検証し、当社の内部プロセスが国際的に認められたセキュリティ基準や最善の工程を満たしているか、あるいは超えていることを保証するよう努めています。

MASVの詳細

MASVにサインアップすると、最高の安全なファイル転送プロトコルが得られるだけでなく、大容量ファイルの移動を実現させるべく特別設計されたワークフロー機能を利用できるようになります。

大容量ファイルの送信

大容量ファイル共有

大容量ファイルの送信とリモートメディアワークフローの高速化のために特別に最適化されたMASVの仕組みをご紹介します。

MASV、10Gbpsのクラウド転送速度を発表

クラウドストレージ

サイズの大きなファイルのための安全なクラウドストレージオプション(従量課金制度や第三者アプリケーションとの統合など)をご覧ください。

MASV マルチコネクト

大容量ファイルの受信

MASV Portalは、クライアントや取引相手から大容量ファイルを安全に受信するためのカスタムアップロードポータルです。

MASVアプリのフィーチャーイメージ

デスクトップアプリ

MASVアプリは、テラバイト級のデータを安定かつ高性能に配信するための、安全なファイル転送アプリです。

よくあるご質問

安全なファイル転送とは?

安全なファイル転送とは、インターネット上でファイルを共有する際に、データへの不要なアクセスを防ぐために、暗号化、パスワード保護、認証キー(またはこれら3つの組み合わせ)を使用することです。

最も安全なファイル転送は何ですか?

最近のファイル転送ツールの多くは、HTTPS、SFTP、FTPS などの業界標準の暗号化機能を備えており、安全性が確保されています。MASVのような特定のファイル転送サービスは、ISO27001やTPN評価に準拠し、グローバルな業界標準によるセキュリティ体制を検証しています。

無料で安全にファイルを転送するにはどうしたらいいですか?

MASVアカウントに登録すると、以下のことが可能になります: 100GBまで無料で転送 。MASVは、TLS 1.2およびAES-256暗号化、パスワード保護、AWSセーフガードなど、安全なTCPベースの配信プロトコルを使用しています。また、MASVはISO 27001の認証を受け、Trusted Partner Networkによって検証されており、グローバルな業界標準でデータを保護していることが証明されている製品です。

ファイル転送をパスワードで保護する方法は?

MASVのメインダッシュボードからファイルをアップロードする場合、「パッケージオプション」のドロップダウンをクリックし、一番下までスクロールしてください。ここから、ファイルを保護するためのお好きなパスワードを指定できます。さらに、MASVポータルを作成する際に、アップロードとダウンロードのパスワードを指定するオプションもあり、二重にファイルを保護することができます。

大容量ファイルの転送に最適な暗号化とは?

インターネット上で大容量ファイルを共有する場合、TLS暗号化は最上級の暗号化を提供します。FTPクライアントとは対照的に、Webブラウザが使用できる柔軟性もあります。

MASVファイル転送は、安全で信頼性の高いインターネット配信の基礎となるTLS 1.2とAES-256暗号化、TCPベースのプロトコルを使用し、ブラウザ上で大きなファイルを転送することに特化して設計されています。

大容量ファイルを安全に送信する方法は?

大容量ファイルを安全に送るには、ISO27001とTPNで認証された安全なファイル転送サービスであるMASVを利用するのが一番です。5TBまでのデータをインターネット上で送信でき、転送中はTLS1.2暗号化され、静止時は AES-256 パスワード保護、AWSセーフガード、ファイル配送トラッキングが適用されます。

大容量ファイルを安全に共有・送信するには?

massive.io/ja/よりMASVにサインアップし、アップロードウィンドウにファイルをドラッグ&ドロップし、ダウンロードパスワードを指定して、送信をクリックします。MASVのすべての転送はデフォルトで、AWSのセーフガードにより転送中および静止中に暗号化され、ISO 27001認証とTrusted Partner Networkによるコンテンツ保護の検証を受けています。

TPN(Trusted Partner Network)とは何ですか?

Trusted Partner Network(TPN)は、映画やテレビのコンテンツ保護に特化したグローバルなイニシアティブです。

TPNは、企業がクライアントの映画やテレビ番組を正式公開される前の、漏洩や侵害、またはハッキングを防ぐのに役立ちます。

ISO27001認定とは?

ISO 27001は、情報セキュリティに関する規格として広く認知されており、カスタマーエクセレンス、デジタルセキュリティ、ビジネスプロセスに基づき、組織が安全かつプロフェッショナルな方法でサービスを提供することを保証しています。

この認定を受けるためには、企業のインフラ全体が、第三者による厳格なセキュリティ監査によって評価・検証される必要があります。

MASVで安全なファイル転送を実現