MASVがFrame.ioと統合

著: | 2020/11/02

MASV Portalsは、ビデオコラボレーションのための単一のアップロードポイントを提供します。

C365のAdrian Penningtonは、今年の夏の初めにこう書いています。 その "メディア・エンタテインメント業界は、その組織モデル全体を分散化しただけでなく、クラウドベースのワークフロー、アーカイブ、コンピューティングリソースへの移行を劇的に加速させました」。 

Frame.ioとMASVは、この言葉の申し子のようなものです。Frame.ioは、ビデオプロジェクトのレビューやコラボレーションを驚くほどシンプルにしました。特に、チームが遠隔地にいたり、異なるタイムゾーンにいたり、2020年の私たちのような働き方をしている場合に便利です。同様に、MASVは、クラウドへの最もシンプルで迅速なオン/オフランプを提供することで、今日のクリエイターが利用できる無数のクラウドサービスを簡単にナビゲートできるようにしています。MASVを起点・終点とすることで、20GB以上の大容量コンテンツを必要な場所に届けることができるのです。

ちょうど先週のことです。 MovieLabs社のCEOであるリチャード・バーガー氏が未来からブログを書いています。 の重要性を説明しました。 "Cloud Foundations, Security & Access, and Software-Defined Workflows" (クラウドファウンデーション、セキュリティ&アクセス、ソフトウェア定義ワークフロー) を2030年の映像業界に向けて発信していきます。

ここMASVでは、未来は今です。 

クラウドへの迅速で信頼性の高いシンプルな接続を提供し、Frame.ioのような重要なクラウドサービスにコンテンツを移動できるインターチェンジを提供することで、私たちは、本質的にクラウドをベースとした、急速に加速する映像制作のサプライチェーンの基礎を築いています。

率直に言って、Frame.ioのような統合パートナーがいれば、物事はずっと簡単になります。 

MASV PortalsとFrame.ioを使えば、ポータルのオーナーは、Frame.ioアカウントにファイルを配信するようにポータルを設定し、投稿者にアップロードを促すことができます。 

全員がFrame.ioのアカウントを持っている必要はありませんし、全員がMASVのアカウントを持っている必要もありません。ユーザーをカスタムブランドのURLとWebページに招待し、そこでコンテンツをドラッグ&ドロップするだけです。コンテンツは自動的にFrame.ioアカウントに転送されます。 

コントリビューターのQ&A、推測、技術サポートは必要ありません。たった一度のアップロードのために、これほどシンプルなものはありません。

継続的なコラボレーションのために、もっとシンプルなものがあります。それがMASVのアプリです。 

MacとWindowsに対応したMASVアプリは、あなたとあなたのコントリビューターが、Frame.ioアカウントやその他のクラウドサービスに自動的にアップロードするために使用することができます。このアプリには、特定のポータルを指定できるウォッチフォルダ機能があります。MASVポータルですでにFrame.ioに接続している場合は、アプリをセットアップして希望のポータルを設定するだけで、他にすることはありません。

これにより、Frame.ioでのクラウド・コラボレーションがさらに充実したものになると考えています。詳しい手順は以下の通りですが、ご不明な点がございましたら、遠慮なく下記までお問い合わせください。 [email protected].

 -Greg

MASVのファイル転送とFrame.ioのレビューとコラボレーション


はじめに

MASVとFrame.ioを接続すると、あなたやあなたのチームは、どんな量のファイルでもとても簡単にアップロードできることに気づくでしょう。しかし、すべての設定を行うには少し作業が必要です。ここではその方法をご紹介します。

デベロッパートークンの作成

フレームイオートークン

に向かってください。 デベロッパー・フレーム・アイオ をクリックし、Frame.ioの認証情報でサインインします。次に、以下をクリックします。 トークン > 新規.次のページでは、トークンのフレンドリーな名前を書き、以下のパーミッションを選択します。

  • アカウント:リード
  • チーム: 読む
  • プロジェクト:読む
  • アセット:削除、作成、更新、読み込み

スクリーンショットをご覧ください。

Frame.io API トークン・スコープ

クリック クリエイト をクリックすると、トークンが作成され、次のページに表示されます。以下のことを確認してください。 トークンのコピー なぜなら、一度しか表示されないからです。

MASVとFrame.ioの統合

あなたのMASVチームにサインインして クラウドとの統合.このページにアクセスするには、MASVチーム管理者または所有者である必要があります。クラウドインテグレーションページで 接続の追加 ボタンをクリックし、ドロップダウンリストから「Frame.io」を選択します。

MASV Frame.io Cloud Connect
Frame.io MASV Cloud Connectの設定

ポータルサイトへの接続

に向かってください。 ポータルサイト のページをご覧ください。以下のいずれかを選択することができます。 既存のポータルの編集新規ポータルの作成 を統合することができます。

アンダー クラウドインテグレーション セクションの「ポータル設定」をクリックします。 コネクションの選択をクリックし、ポップアップボックスから「Frame.io」を選択します。をクリックします。 更新ポータル. 

これで完了です。あなたの統合が設定されました。これで、そのポータルで配信を受けるたびに、MASVが自動的にFrame.ioに転送します。

ストレスフリーなファイル転送

 

masvロゴスモール

大容量ファイルの転送は大変な作業に思えるかもしれませんが、そんなことはありません。MASVがあれば、面倒なファイル転送の日々はもう終わりです。ファイルのサイズ、場所、経験に関わらず、MASVはトレーニング不要でシームレスな転送プロセスを実現します。我々は、我々のプラットフォームを使用して誰のためのストレスフリーのファイル転送を行い、慎重かつ安全に簡単に大規模なファイルを処理するために必要な機能を持っています。