メンテナンスのお知らせ以下の日時において、サービスの停止が予想されます。 2024年7月7日 ( 9:00 AM2:00 PM EST。

ファイル転送計算機

大容量ファイルの配信にかかる時間を計算します。 以下の転送速度計算機をぜひお試しください!
作成者 Majed Alhajry

ファイル転送計算機の使い方

1. ファイルサイズを入力する

ファイルサイズを選択し、ドロップダウンの矢印を押して、測定単位を選択してください。単位:GB ギガバイトまたはTB テラバイト.

メガバイトのファイル転送時間をテストしたい場合は 1000で割ってギガバイトにしてください.

例:750MB÷1000=0.75GB

💡 メモ: ここでは簡潔にするため、二進法ではなく、メトリック(SI接頭辞)計算を使用しています。 2つの違いについて詳しくはこちら.

2. インターネットの速度を入力する

次に、あなたの インターネットスピードを選択します。ドロップダウンの矢印を押して、インターネットの速度をMb/s(メガバイト毎秒)かGb/s(ギガバイト毎秒)を指定してください。

ここで重要なのは、 インターネットアップロード速度 をテストしてから転送計算機を使用することです。ネットワークに接続している人数によって、アップロードの速度は異なります。

3. 結果を見る

たったこれだけのステップで、すぐにMASVがデータを転送するのにかかる時間の目安が表示されます。

なぜ、ファイル転送計算機を使う必要があるのですか?

データ転送計算機は、 大きなファイルを送る のにかかる時間を試算するために、開発されました。MASVと他のクラウドファイル転送ツールを比較することができます。例: WeTransferDropbox.

大きなファイルの配信速度が個人またはチームの生産性にとって重要な場合に、アップロードにかかる時間を予測できる便利な方法です。

MASV は、数百ギガバイトから数テラバイトの大容量ファイルを迅速にオンライン転送するために設計された、安全なファイル転送ソリューションです。世界中のプロフェッショナルが、大量のデータを迅速かつ効率的に共有し、スケジュール通りに作業を進めることができるよう、MASVのソリューションに信頼を寄せています。

今すぐ無料でお試しください>>

ファイル転送の方程式

ファイル転送にかかる正確な時間を計算するには、 ネットワーク輻輳, 外付けドライブ 書き込み速度、相手先との距離など、多くの要因が関わってきます。

私たちは平均的総計スループットを以下に基づいてファイル転送時間を算出しています:

平均総計スループット = K * MSS / (RTT * sqrt (L))

  • (K)同時TCP接続数:他のTCPベースのツールが1つであるのに対し、MASVは8または16のコネクションを持っています。
  • (MSS) 最大TCPセグメントサイズ. さらに詳しく.
  • (RTT) 往復のレイテンシーTCP接続 が確立され、受信サーバーによって確認され、検証が送信サーバーに送り返されます。MASVのグローバルネットワーク上で動作するWebサービスでは、20ms以下であることが望ましい。
  • (L) スループットロス は MASV のネットワーク容量に基づくものです。一般に、MASV ネットワークのグローバルな存在感により、ほとんどのユーザは 0% (またはそれに近い) ロスを持つことになります。

重要: インターネットの通信速度が70Mbpsを下回る場合は、 MASVと他のクラウドツールの速度に差はありません。低スループットの場合は、1つのTCPコネクションで十分です。MASVは、より高速なネットワークが検出された場合ブラウザ上で8コネクションまで、また デスクトップアプリ では16コネクションまで自動的に拡張します。

ファイル転送時間に影響を与えるものとは?

  1. 帯域幅: インターネット回線の速度は、ファイルの転送速度を決定します。
  2. ファイルサイズ: ファイルが大きいほど、転送に時間がかかります。
  3. ネットワークトラフィック:ネットワーク上のトラフィックが多い場合、ファイルの転送に時間がかかります。
  4. プロトコル: プロトコルの違いにより、ファイル転送の速度に影響を与えることがあります。
  5. ファイル数: 複数のファイルを転送する場合、1つのファイルを転送するよりも時間がかかります。
  6. 距離: 送り手と受け手の距離が離れていると、到着までに時間がかかります。
  7. 外付けデバイス: 外付けドライブからファイルを送る場合、ドライブの書き込み速度とケーブルの転送速度の両方が考慮すべき要素になります。
  8. ファイルの種類 ファイルの種類によって転送速度が決まるわけではありませんが、利用できるようになるまでの処理時間に影響します。例えば、動画ファイルはテキストファイルよりもデータ量が多いため、処理に時間がかかります。

大容量ファイルを高速に送るには?

MASVは、ギガバイトやテラバイト級の大容量の大切なファイルををオンラインで送信する際に最適です。世界のどこにでも安全に大きなサイズのファイル移動させるために必要な速度、安定性、性能を提供しています。

MASVスピードテストのグラフ
  • MASVは、転送中に大きなファイルを小さなチャンクに分割し、転送先で再組み立てすることで、よりスムーズな転送を実現します。
  • 組み込み最適化: 10Gbpsのインターネット接続速度.
  • 無料で インターネットボンディングテクノロジー を提供しています。転送速度がさらに向上します。
  • ネットワークが遮断されて転送に失敗した場合、成功するまで自動的に再試行します。
  • 15TBのアップロードとダウンロードに対応しています。 (1ファイルあたり)
MASVを使い始める

最速の大容量ファイル転送サービス「MASV」で、20GBを使い倒す。