メンテナンスのお知らせ以下の日時において、サービスの停止が予想されます。 2024年7月7日 ( 9:00 AM2:00 PM EST。

究極のポストプロダクション・ワークフローガイド

| 2022年12月19日

これから初めて ポストプロダクションワークフロー に取り組む方、またはポスプロの複雑なワークフローをもう一度おさらいしたい方、必見です。

あなたのリサーチをお助けするべく . 動画ポストプロダクションのワークフローをテンプレートにしてまとめてみました。ポストプロダクションは、美しい映像ファイルを、見栄えよく、さまざまな感情を揺さぶる1つの物語に作り上げる、大切な仕事です。プロダクションを成功させるには、しっかりとしたワークフローを計画することが鍵となります。

この記事では 優秀なポストプロダクションワークフローの重要なステップを段階的に詳しく説明していきます。役立つツールやワークフローのヒントも紹介します。 👇

目次

    1. データ管理 - RAWメディアの収集、タグ付け、整理
    2. 映像編集 - 素材選び、ストリングアウトを構築し、ピクチャーロックを目指す。
    3. VFX - モデルやアニメーションの作成、プレートによる映像の重ね合わせ、照明の調整。
    4. カラー - カラーアンバランスの補正、各フレームへの色彩の補正
    5. 音響 - サウンドの再現、新規サウンドの作成、ADR、オーディオレベルのバランス調整
    6. 最終納品 - メディアをパッケージ化し、さまざまな視聴形態に最適化
ポストプロダクション・チーム向け大容量ファイル転送サービス

社内や遠隔地のポストプロダクション・チームのために、高速で信頼性の高いファイル転送を実現します。

ポストプロダクションのワークフローとは?

ポストプロダクション(略称:ポスプロ)は、ポストプロダクションワークフローとも呼ばれ、撮影終了後に始まり、完成した映像が公開されるまで続く一連の工程で構成されています。

ポストプロダクションワークフローのステップには、以下のようなものがあります。

  • データ管理
  • 映像編集
  • VFXとアニメーション
  • カラーコレクション、カラーグレーディング
  • サウンドデザイン、ADR、サウンドミキシング
  • 仕上げ・パッケージング

ポストプロダクションワークフローの各段階とその内容について、以下で詳しく説明します。

ポストプロダクションのワークフロー図

ビデオポストプロダクションワークフロー図
大容量ファイル転送とメディアインジェスト

ポストプロダクションのチーム間でメディアアセットを共有できます。

ポストプロダクション・ワークフローの各段階

データ管理 | 映像編集 | VFX | カラー | 音響 | 最終納品

1.データ管理

データ管理

ファイルの受信

ポストプロダクション・プロジェクトで作業を開始するには、まず作業用のファイルが必要です。つまり、プロダクションチームは、ファイルを入手する手段を決める必要があります。

動画ファイルは ハードディスクに納めて 配達することもできますが、Webベースのマネージドファイル転送サービスで受け取るのが一般的になっています。詳しくはこちら: MASV.

一般的なワークフローでは、「デイリー」または「ラッシュ」と呼ばれる未編集のRAW映像ファイルが、毎日ポストプロダクション・チームに送られます。この作業は、通常 デジタルイメージングテクニシャン(DIT)データラングラー、またはポストプロダクションアシスタントによって行われます。

ファイル管理、ネーミング、タグ付け

映像が ポストプロダクションハウスに届いたら、ファイル管理の観点からも、整理整頓は非常に重要です。 これは見落とされがちなステップですが、結果的にチームの時間を何百時間も節約することができる大切なステップです。

まず、現場のカメラクルーに、受け取った映像にショットログを追加するよう依頼します。ショットログには、各ファイルに添付された以下のような役立つ情報が含まれています。

  • シーンの詳細
  • カメラの設定
  • ショットテイク

ディレクターや撮影監督(DP)が特に気に入っているショットがあれば、それもショットログに記載してもらいましょう。ディレクターからの音声レポートや丸印のついたテイクも忘れずに。

動画ファイルや 音声ファイル をより効率よく検索できるようにするために、 ファイル命名することを国際規格であるISO 8601などに沿って指定することをお勧めします。 YYYY-MM-DD.

プロジェクトフォルダの命名規則に沿って、シーン、シーケンス、ショットごとにすべてのファイルを整理することで、映像編集者はクリップをすばやく見つけることができます。

データ管理の一貫性が、将来的にいかに生産性を向上させるかを、映像制作に関わるチーム内全員がしっかり理解していることを確認しましょう。チーム全体のの一貫した認識を保つには、ポストスーパーバイザーとエディターが技術仕様書を作成し、配布することが有効です。

バックアップ、ストレージ、アーカイブ

すべてのファイルを整理したら、今度はすべてをストレージにバックアップします。ファイルストレージは、以下のようなさまざまな場所に保存することができます:個人のドライブ、オンプレミスの共有ネットワーク、クラウドストレージ、あるいは 分散型ストレージネットワーク.

ポストプロダクションハウスのストレージ・オプションには、次のようなオンライン、ニアライン、オフラインのソリューションの組み合わせがあります:

ストレージを決める際は、以下の点を考慮しましょう:

ストレージサイズ

メディアファイルが 巨大な 4K-8K映像の時代。特に バーチャルプロダクションの段階からファイルを受信している制作チームは莫大なファイルサイズを取り扱っています。このような大きなファイルサイズは移動することが難しく、ストレージの制限をすぐに食いつぶしてしまうでしょう。

⚙️ TOPクラウドストレージプロバイダー Amazon S3, Backblaze, デジタルオーシャン, Wasabi, Perifery, ルーシッドリンク

💻ワークフローのヒント: MASV Portalを使えば、クラウドストレージへのファイル配信を自動化することができます。詳しくはこちら: MASV Portal.

MASV Portalは、お客様に代わってファイルをクラウドストレージに移動させることができる安全なアップロードポータルです. お好みのクラウドストレージを接続するだけで、ポータルにアップロードされたファイルは、接続されたストレージに自動的に表示されます。

MASVは クラウド統合 に対応しており、主要なクラウドストレージプロバイダーとのメディアアセットマネジメントツールとの連携が可能です。

今すぐ無料体験>

ダウンロードとアップロードの速度

外付けドライブ(ドングルやコードも含め)は、動画ファイルの転送速度の 悪名高きボトルネック として知られています。読み書きのスピードに優れたストレージを選ぶようにしましょう。

信頼性/バックアップ用ストレージ条件

Schofieldのコンピューティングの第二法則によると、ファイルが3つの場所に存在しない場合、そのファイルは存在しません。これはポストプロダクションチームの経験則にもなるものです。 バックアップファイル を、常に少なくとも他の2ヶ所でするようにしましょう。

ビデオストレージワークフローガイド

映像制作者のためのストレージとバックアップのワークフロー

制作チームのためのビデオストレージとバックアップワークフローに関するガイドをお読みください。

ストレージ&バックアップガイドを調べる >

レンダリングとコーデック

Raw映像 (撮影現場から送られる未加工のファイル)は、サイズ大きすぎるため、効率的に作業することができません。そのため、元の映像にコーデックをレンダリングして、その映像をより低解像度のファイルに変換する(トランスコード)必要があります。

ファイルが ハードディスクによって宅急便でそのため、事前にトランスコードしておく必要はありません。 トランスコード は、クラウド上でのファイル転送をより管理しやすくするために役立ちます。

しばしば、DITやデータラングラーは、編集部がすぐに使えるように、 プロキシ映像 をクラウド上で配信・共有します。その間に、フルRaw映像が発送されます。

何百種類ものコーデックを ファイル圧縮に使用することができます。一部は AI搭載 のものもあります。最も一般的なコーデックは:

  • H.265、H.264
  • Redcode Raw
  • ProRes
  • ArriRaw
  • Apple ProRes 422/444
  • 422 Long GOP
  • MPEG-2.

一方、編集用コーデックには、DNxHD、DNxHR、ProRes 422/444があります。

今日のクラウドベースのメディアワークフローでは、デイリーをFrame.ioのようなレビュー・承認ツールにアップロードして、すぐにフィードバックを受けるのが一般的です。

⚙️ TOPメディアアセット管理ツール: Frame.io, Iconik, Reach Engine

💻ワークフローのヒント: MASVは、メディアアセット管理にも最適です。アカウントを持たないフリーランスの編集者、契約カメラマンなどから貢献者としてのメディア資産を簡単に受け取ることができます。

今すぐ無料体験>

以下の項目にジャンプします:

2.映像編集

映像編集

デイリーデータを受け取り、整理し、カタログ化したら、アシスタントエディターはこれらのファイルをポストプロダクションチームの中央ストレージに保存する必要があります。これが、映像ポストプロダクションワークフローの次の段階(間違いなく最も重要な段階)の始まりです: 映像編集.

整理整頓、素材選び、ストリングアウトの構築

アシスタントエディターの次の仕事は、正しいファイルをチームのオフライン編集ソフトである、ノンリニア編集(NLE)ソフトに取り込むことです。

オフライン編集では、編集者は低解像度の映像を使用して編集を行うことができます。オフライン編集ソフトを使用すると、編集したファイルに再リンクするまでは、元のコンテンツは変更されません(これについては後述します)。

  1. ファイルがNLEにインポートされると、アシスタントエディターはすべてのクリップから最適なテイクを探し出す、いわゆる「素材選び」作業を行います。リードエディターの好みに合わせて、アシスタントエディターがセレクトにタグを付けて分類することもあります。 正しいテープIDのタグ付けは、後のオンライン編集・適合作業で非常に重要です。
  2. その後、アシスタントエディターがセレクトをNLEのタイムライン上でショットのシーケンスにアレンジします。これは、ストリングアウト(またはアセンブリ編集、KEMロール)と呼ばれます。ストリングアウトは、まだ編集も修正もされていないRaw映像ファイルの非常にラフなドラフトです。音楽もエフェクトもない、シーンごとの基本的な映像の進行を示すものです。
  3. この時、アシスタントエディターは、オーディオの同期、ファイルをビンへの整理、使用可能なテイクの切り分けなど、その他エディターが仕事をする上で必要なリクエストを処理します。エディターが編集作業に入ってから、ディレクターと一緒にストーリーを構築することに集中できるようにする作業です。

このアシスタント業務が忙しすぎる場合、自分のアシスタントを持つこともあります。

映像編集者はストリングアウトを見ながら、メモを取ったり、タイムラインにマーカーをつけたりします。

⚙️ トップNLEソフト: AVID、 Adobe Premiere Pro、Final Cut、Pro、DaVinci Resolve

💻ワークフローのヒント: 編集者は、MASV Portalを使って自分のパソコンのフォルダーに ファイルの自動ダウンロード するように設定することができます。寝ている間にファイルが受信できるので、朝一番で作業が開始できます。

今すぐ無料体験>

ラフカットの構築

ラフカットは、映像制作の次のイテレーションです。ラフカットは、より洗練されたストーリーや映像の進行が意味を持つようにする一方、ストリングアウトを管理可能な長さに縮小するものです。

映像編集者は、シーンごとにラフカットを作成し、1シーンずつ作業を行い、マスターカットに再度挿入していきます。

  • リードエディターは、ディレクター(またはプロデューサー)のメモをもとに、必要に応じてシーンやテイクの追加・入れ替えを行い、ベストテイクを最終的に決定します。
  • 音楽とクリティカル サウンドエフェクト を追加したり、タイミングを合わせるためのVO(ボイスオーバー)スクラッチトラックを追加することもあります。
  • また、後から撮影したピックアップシーンや、VFX(ビジュアルエフェクト)のプレースホルダーも追加されます。
  • 不要な音は削除され、すべての音の使用は編集者の承認を得てから、ディレクターやプロデューサーに引き渡されます。

その後、ディレクターとプロデューサーがラフカットを確認し、フィードバックを行います。編集者、監督、プロデューサーがラフカットの承認をすると、いわゆるファーストカットとなります。

ファインカット、ピクチャーロック

ラフカットやファーストカットとは異なり、ファインカットは映画全体に焦点を当てるのではなく、各コマやシーンの細かなディテールに焦点を当てます。ファインカットは、ファーストカットで確認されたリズムや構造を強調し、強化するもので、初歩的なエフェクトを加えることもあります。

また、ファインカットには、最終的に完成した音楽や、まだ作曲家が作業している音楽も含まれ、この時点で作曲家は編集にアクセスすることができます。

さらにフィードバックと編集を繰り返し、最終カット(ピクチャーロック)をクリエイティブチームと関係者に承認してもらいます。

ピクチャーロックは、これ以上編集上の変更を加えることができないバージョンです。サウンドチームやVFXチームに送られることもありますが、ほとんどのワークフローでは、SFXチームとVFXチームの両方が早い段階で着手していることでしょう。後者の場合、編集者は微調整されたVFX/SFXの追加を待って最終決定し、他のすべての部門にはそれ以上の変更が許されないことが通知されます。

ポストプロダクションやVFXアーティストは、映像コラボレーションツールを使って、映像に絵を描いたり、メモを書いたり、他のコラボレーターにタグ付けしながら、タイムスタンプに応じたコメントをつけてコラボレーションします。

⚙️ TOP映像コラボレーションツール: ftrack、Frame.io、cineSync、Frankie

オリジナルカメラメディアのコンフォームと再リンク

編集チームは、ロックされた映像をVFX、カラー、オーディオの各チームが使用できるようなフォーマットに変換する必要があります。

コンフォーミングは、ファイルや関連するメタデータにエラーがないことを確認しながら、オフライン編集で使用した低解像度ショットを、オリジナルの高解像度映像に置き換える作業です。この再リンクは、オンライン編集と呼ばれるコンフォーミングの中のプロセスです。

編集チームの編集をオリジナル映像に反映させることで、VFX、カラーコレクション、オーディオの各チームは、それぞれの担当作業を行うことができます。VFXチームをサポートするために、映像編集者は、各ショットのオリジナルのカメラファイルを識別します。これもまた、優れたデータ構成と命名規則が不可欠であることを示す一例です。

ファイルの再リンクは、膨大な量のシーンやテイクの海の中から、該当ファイルのオリジナルを正確に探し出す必要があります。

💻ワークフローのヒント: MASVを使用してオリジナルのメディアフォルダを転送します。MASVはオンライン編集のためにフォルダ構造とファイル階層を保持します。

今すぐ無料体験>

ポストプロダクションのための究極のファイル転送ツール

セットから編集室、カラーリングスタジオ、レコーディングスタジオ、フィニッシングハウスなど、様々な場所で共有することができます。

以下の項目にジャンプします:

3.VFX

VFX

VFXチームにピクチャーロックを送ると、よりクリアで細かい調整ができるようになりますが、VFXチームもラフカットのコピーを受け取る必要があります。というのも、ラフカットの中には、先ほどのVFXのプレースホルダーが含まれているからです。

多くの場合 VFXチームは、ピクチャーロックの段階よりずっと前からプロジェクトに着手しているはずです。

伝統的な技術に関連するすべての内訳をお読みください。 VFXパイプライン 以下、f絵コンテや参考画像から、モデリング、ロトスコープ、構図、ライティングに至るまで。

このVFXワークフローガイドで、VFXパイプラインの様々なステップを学びましょう。

VFXパイプライン:映像&メディアプロフェッショナル向け完全ガイド

VFXパイプラインとは、どのようなものでしょうか。この便利なVFXガイドを参考に、ご自身のワークフローを確立してください。

VFXパイプラインガイドを読む >

以下の項目にジャンプします:

4.カラー

カラーグレーディング

一方 カラリスト は、映像を受け取った後、カラーコレクションとカラーグレーディングに入ります。

カラーワークは通常、VFXチームと並行して行われます。 スケジュールやワークフローにもよりますが、VFXチームが終了した時点で行うこともあります。VFX作業の前にカラリストの作業が行われることはほとんどない理由は、カラリストがすべてのカラーコレクションとグレーディングをまとめて行う方が時間を有効に使えるからです。

カラーリストは、映像のフレーム単位で作業を行い、プロジェクトの一貫性を保ちます。

カラーコレクション

撮影に起因する色彩の問題を修正し、一貫性を持たせることです。例えば、ある場所では色がくすんで見えるが、別の場所では鮮やかな色に見えるなど。

カラーグレーディング

演出家が要求する特定のグレードに作品のカラーパレットを適用することを指します。例: Netflixの番組「Ozark」の特筆すべきダークなカラースキーム.

監督の望むトーンに基づきカラーグレーディングを行うプロセスでは、ビジュアルの連続性を確保するため(そして修正を最小限に抑えるため)、監督やDPのフィードバックが必須です。

⚙️ TOPカラーグレーディングソフト: DaVinci Resolve, Colorlab.ai, Magic Bullet, Color Finale, Adobe Premiere Pro, Final Cut Pro

ポストプロダクションのための究極のファイル転送ツール

セットから編集室、カラーリングスタジオ、レコーディングスタジオ、フィニッシングハウスなど、様々な場所で共有することができます。

以下の項目にジャンプします:

5.サウンドデザイン/ミキシング

サウンドエフェクト/ミキシング

オーディオトラックは、制作やポストプロダクションの工程でビデオファイルとは別に存在しますが、 音響チームがこの映像を見ながらサウンドデザインやミキシングを行うことは重要なことです。

そのため、サウンドエフェクトやミキシングチームは、映像とオーディオの両方のファイルを使って作業しています。

一般的なオーディオポストプロダクションのワークフローは、次のようなものです。

  1. スポッティングセッション
  2. エディトリアル
  3. エディトリアルプレビュー
  4. 組立
  5. クライアントプレビュー
  6. エディトリアルフィクス
  7. プリデブ
  8. ファイナルミックス

多くの作品では、音楽、効果、台詞の編集者が別々にいることが多い。詳しくは、以下のガイドをご覧ください。 オーディオポストプロダクションワークフロー をお読みください。

このVFXワークフローガイドで、VFXパイプラインの様々なステップを学びましょう。

オーディオ・音響のポストプロダクションワークフローを徹底解説

映画、テレビ、ライブイベント映像のオーディオポストプロダクションワークフローを深く掘り下げ、スポッティングセッションからオーディオ編集、ミキシングまでを紹介します。

オーディオワークフローガイド>を読む

⚙️ TOPデジタルオーディオワークステーション: AVID Pro Tools、Reaper、Logic Pro、Sequoia Pro、Izotope Neutron

以下の項目にジャンプします:

6.最終納品

ここまできたら、ほぼ完成です。あとは、品質保証や映像の仕上げなど、動画を完成させるための最終ステップです。

最終納品

映像仕上げ・QA

編集チームは、数ヶ月間、ほぼ同じ映像を何百時間も見つめた後、最終カット(この時点では、すべての部門が含まれています)を新鮮な目で見る必要があります。

この工程は、映像の仕上げやクオリティコントロール(QC)と呼ばれ、トランジションやギャップなどのビジュアルエラーをチェックし、最終的な色補正やグラフィック調整が必要なものを、再度チェックします。

クオリティコントロールレビューは、最終的なオーディオミックスの問題点を発見するのにも適しています。 セットミス検出.

編集時に気づかなかった明らかなミスを揶揄されるくらいなら、後工程で少し手間て修正をかけたほうがいいということですね。

パッケージングと最適化

ピクチャーロックの作成、VFX、カラーグレーディング、オーディオの追加、そして徹底したQCと最終調整を経て、プロジェクトは終了します。次は、映画のポストプロダクションワークフローの最終段階として、メディアのパッケージングと最適化を行う番です。

また、ここではタイトル、クレジット、クローズドキャプション、その他必要な言語への翻訳用字幕を追加します。

💻ワークフローのヒント: MASVでは、ダウンロードの受信者やポータルの投稿者にアカウントを要求しないため、外部ベンダー(ダビングハウス、キャプションサービスなど)との連携が容易になります。

今すぐ無料体験>

この段階で仕上がったメディアをどうするかは、リリースを予定している場所によって異なります。

SNSで宣伝をしたいと考えているとします。その場合、正しい ソーシャルメディア仕様の動画 (解像度、アスペクト比、フレームレート、ビットレート、ビデオフォーマットを含む)を事前にリサーチしておくことは必須です。

放送局での再生も同様です。放送局独自の仕様やポリシーで映像の再生が行われているので、事前にフォーマットを確認しておきましょう。

短編映画や長編映画を公開上映する場合 作成するのは、 デジタルシネマパッケージ(DCP)です。DCPは、映画館や映画祭で使われる高価なデジタルシネマプロジェクターで再生される配信形式です。

デジタルシネマ・パッケージの構築

DCPは、ビデオ、オーディオ、メタデータファイル(字幕やキャプションなど)の集合体で、各フレームは別々のフォルダーで表現されます。通常、暗号化されており、コンテンツの取り込みと再生にはキーデリバリーメッセージ(KDM)が必要です。

従来のDCPは、頑丈な筐体(CRUドライブ筐体など)にハードディスクと関連ケーブルで構成されていましたが、最近のDCPは衛星やIPベースの方式で配信されることが多くなっています。

ポストプロダクションチームや映画制作者は、Premiere Pro、Final Cut、Davinci Resolve、または他のツールでDCPに書き出すだけで、独自のDCPを作ることができます。 または、プロのDCPショップを利用することも可能です.

最高品質のDCPを実現するには、まずは DPX またはTIFF画像シーケンス(デジタルシネマディストリビューションマスター、DCDMと呼ばれる)から始めてみましょう。

ポストプロダクションのファイル転送を高速化

編集者、カラリスト、VFXなどの間で、Rawメディア、プロキシ、その他の大きなアセットを共有できます。

完成した動画を転送する

これらの記事を読んでいる間に、ある事に気づかれたかもしれません。チームメンバー全員が同じ場所で仕事をしたり、同じストレージを使用したりしない限り、 一般的なポストプロダクションのワークフローでは、多くのファイルを転送する必要があるということです。.

ポストプロダクションの業界では、長年次のようなエンタープライズソリューションが有名どころでした。 AsperaSigniant大容量ファイルを送信.

一方で MASV のようなWebベースのファイル転送ソリューションは、エンタープライズグレードに匹敵する性能を信頼できるセキュリティと、低コストで、さらに長期契約の必要なしで提供しています。

MASVのブラウザベースの転送は、クライアントやITチームにとって、旧来のソリューションよりも使いやすくなっています。AsperaやSigniantのUDPベースのファイル転送技術では、ファイアウォールの調整、ソフトウェアやプラグインのインストールなどの技術的な作業が必要になることがよくあります。

MASV NLEオープングラフ

今すぐMASVに登録する をコミットメントなしで、20GBの無料データ転送を得ることができます。サインアップすると、アクセス権も得られます:

  • 最大15TBの大容量データを高速、安定、効率的に転送。 (1ファイルあたり).
  • カスタムアップロードポータルより 大容量ファイルの受信 が可能。コラボレーションがより簡単に。
  • 有名クラウドストレージやコラボレーションツールとの統合もラクラク。
  • Watch Folders 大容量ファイルのアップロード、ダウンロード、バックアップを自動で行うことができます。
  • パスワード保護、ユーザー権限、ダウンロード制限、ファイルの有効期限などのセキュリティコントロール、そしてセキュリティの裏付けとなる ISO27001認証取得.
  • カスタムアクセラレーション機能: Multiconnect10Gbps最適化.
  • そして ファイル転送 API を使用して、お客様のカスタム配信ワークフローと統合可能。
MASV大容量ファイル転送

最速で安全なファイル転送サービス「MASV」で、20GBをご利用ください。